洗濯物が毛玉だらけになる原因!毛玉がつかないようにする方法5つ

「気に入っている洋服だったのに、
洗濯をしたら毛玉だらけになって
がっかりしてしまった…」
なんてことありますよねΣ(´∀`;)

こんなふうに洗濯物に毛玉が
たくさんできてしまう事がある人は、
洗濯方法に少し気をつけるようにするだけで
毛玉が服につかなくなりますよ。

この記事では、
毛玉が服にできるのを防ぐ洗濯方法について
まとめていますのでぜひ参考にしてください。

洗濯物が毛玉だらけになる原因!

 

洗濯機で普通に洗濯物を洗っただけなのに、
どうして服が毛玉だらけになってしまうの?

こんな素朴な疑問を感じている人も多いのではないでしょうか?

服に毛玉ができるメカニズムを簡単に説明します。

  1. 衣類が摩擦によって擦れる
  2. 生地が毛羽立ちを起こす
  3. 毛羽立った繊維が丸くなり塊になる

このように、
毛玉は衣類が摩擦を起こして毛羽立ちが起こると、
どんどん出来ていってしまうのです。

 

普段生活している時でいうと、
服を着て動いているだけで生地と生地とが
こすれ合って摩擦が起きてしまいますし、
椅子に座っていれば座面や腕かけに
洋服が当たって摩擦が起こります。

靴を履いた時靴下やストッキングは
靴と摩擦を起こしてしまいますし、
洗濯機で洗濯をするときも、
他の衣類といっしょに洗うので
同じように服同士が摩擦を起こし、
毛玉ができてしまいます。

ちなみに、服を1枚だけ洗った場合でも、
洗濯しているときの水流で回転する時
絡み合うので生地がこすれ合ってしまいます。

このように、
服は常に摩擦が起こる状況にあるので、
毛玉ができてしまうのは普通のこと
といってしまえるのかもしれませんが、
摩擦を小さくして毛玉をつきにくくする
ということは決して不可能ではないんですよ。

 

洗濯機で洗濯物に毛玉がつかないようにする方法5つ

 

毛玉ができる原因はわかりました。

ということで、
ここからは摩擦を極力起こさず、
毛玉がつかないようにする洗濯方法
についてご紹介していきます。

 

1.洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎない

 

まず、洗濯をするときは洗濯槽に洗濯物を
詰め込みすぎないようにしましょう。

洗濯をするときは、
7割から8割の適量で洗濯機を
回すようにしてください。

一度にたくさん洗ってしまおうと、
適量を超えた洗濯物を洗濯槽に入れる方がいます。

しかし、いっぱいに詰め込むと
衣類の摩擦が起こりやすくなり、
服に毛玉がつきやすくなってしまいます。

 

2.毛玉ができやすい服は洗濯ネットを使う

 

洗濯ネットはしっかり活用されていますでしょうか?

毛玉ができやすい服は洗濯ネットに入れて
洗うと毛玉予防に効果的です。

洗濯ネットにくるまれていると、
ほかの洋服とこすれ合うのを防げるので、
服に毛玉がつきにくくなります。

また、洗濯ネットを使う際は、
大きすぎるものは避け洋服に合った
サイズのものに入れてください。

洗濯ネットが大き過ぎると
ネット内で洋服が動くので
余計な摩擦が起こってしまう原因になります。

それともうひとつ、ネット一個につき、
入れる洋服はひとつにしてください。
違う洋服を一緒に入れてしまうと、
ネット内でこすれ合って
毛玉ができる原因になってしまいます。

 

3.柔軟剤を使う

 

洗濯をするときに柔軟剤を使うのもおすすめです。

柔軟剤の成分は洋服の表面を
なめらかにコーティングして保護してくれるので、
衣類同士の摩擦を和らげてくれます。

シリコンが入っているデリケートな
洋服用の中性洗剤も販売されていますが、
こういったものを柔軟剤のかわりに
使うようにするのも良いでしょう。

 

4.服を裏返しにして洗う

 

洗濯機に服を裏返しにして入れて洗うと
毛玉がつかなくなるのはご存知ですか?

服を裏返しにして洗えば、
服の表側が裏側に隠れて
他の洗濯物と摩擦しなくなるので、
服の表面に毛玉が付かなくなるんです。

 

5.ドライコースや手洗いコースで洗濯する

 

ドライコースや手洗いコースのような
優しく洗い上げるコースで洗うというのも
試してみてください。

最近の洗濯機には、
洗うときや脱水のパワーをやさしくできる
ドライコースや手洗いコースが
搭載されています。

この2つのモードなら、
やさしく衣類を洗えるので、
通常よりも衣服がこすれ合わず、
毛玉ができにくくなります。

 

最後に

 

洗濯をしたときに服が毛玉だらけになってしまう…
という場合は少し工夫をすると
毛玉ができるのを防げます。

今回ご紹介した5つの毛玉対策をしっかりとして、
お気に入りの洋服を毛玉から守りましょう。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です