洗濯機を床に直置きするとへこむ?排水口の穴しかない時はどうすれば

洗濯機を設置しようと思ったら、
洗濯機置き場に排水口の穴しかなく、
床に洗濯機を直置きしても大丈夫なのか?
と心配になったことはありませんか?

アパートなどの集合住宅では、
防水パンが設置されておらず、
排水ホースをいれる排水口の穴しか
あいていないという場合もあります。

そこで、今回は、
洗濯機を床に直置きする場合と、
防水パンの上に洗濯機を設置する
メリットやデメリットについて
比較していきたいと思います。

 

洗濯機を床に直置きするとへこむ?
排水口の穴しかない時はどうすれいい?

 

では、洗濯機を床に直置きすると、
どんなメリットとデメリットがあるのか?
ということについて見ていきましょう。

 

洗濯機を床に直置きするメリット

 

好きなサイズの洗濯機を選べる

 

洗濯機を床に直置きする場合は、
防水パンの大きさを気にせずに
洗濯機を選べるというメリットがあります。

洗濯機が縦型だけでなく
ドラム式洗濯機も増えてきているため、
洗濯機の大きさや形が多様化していますが、
予め防水パンが設置されていたりすると、
防水パンの大きさに合う洗濯機しか
設置することができませんが、

床に直置きする場合は
サイズを気にすることなく好きな機種を選べます。

 

見た目がすっきりきれい

 

洗濯機下を洗濯パンがはみ出していないので
スペースを最大限に使って設置できます。
洗濯パンがないと見た目がすっきりして見えます。

 

掃除が楽

 

洗濯パンがないのでほこりや汚れが
溜まりやすかった洗濯パンと洗濯機下の
間の隙間がないので掃除が楽になります。

 

洗濯機を床に直置きするデメリット

 

水漏れした際の被害が怖い

 

洗濯パンがあれば水漏れしたとしても
床への被害に及ばずに対処できますが、
直置きの場合は直接床に水が広がるため被害が心配です。

 

床に跡やへこみが残ってしまう

 

床の材質にもよりますが、
洗濯機を床に直置きすると重みで
足の部分に跡やへこみが付いてしまいます。

跡やへこみを付けたくない方は
ダンボールやクッション材などを
敷いて対策をしておく必要があります。

 

マンションやアパートでも防水パンを設置しなくなってきている?
床にあるのは排水口の穴だけ

 

最近のアパートやマンションでは
洗濯パンを設置しないのが
当たり前になってきています。

理由としては洗濯機が縦型洗濯機だけでなく
ドラム式洗濯機など多様化したことで
入居者ごとに設置する洗濯機の大きさや
形状が変わってきているためです。

事前に洗濯パンを設置しておいてしまうと
大きさが合わず入居者側から
洗濯パンの変更や撤去を
依頼されることも多くなったため、
管理者側では最初から防水パンを
設置しない流れになってきています。

 

防水パンがあるメリット

 

水漏れした際の被害を最小限に

 

洗濯パンの最大の強みは洗濯機の水漏れ対策です。

防水パンがあれば万が一、
多少の水漏れを起こしてしまった際でも
水漏れを防いでくれます。

特に洗濯機の設置が2階以上の場合には
下の階への被害を考えると
洗濯パンは設置しておきたいものです。

 

洗濯機から発生する湿気や熱を床から守る

 

洗濯機を使用していると湿気や熱が発生します。

防水パンは湿気や熱からくる
床のダメージを守ってくれます。

 

洗濯機の防振対策

 

洗濯パンがしっかりと洗濯機を安定させ、
床につながる振動を軽減する役割もあります。

 

防水パンがあるデメリット

 

ほこりやゴミが溜まりやすく不衛生

 

洗濯パンと洗濯機の下の隙間には
どうしてもゴミが溜まりやすくなります。

こまめに掃除できれば良いですが
放っておくとすぐにほこりやゴミが
溜まってしまいます。

洗濯機の下の部分はなかなか手が届きにくく、
重い洗濯機を移動するのも困難なため
放置している人も多い場所です。

また、水や熱がこもりやすいため、
溜まったほこりにカビなども発生しやすく
不衛生になりやすいので、
こまめな掃除が必要です。

 

洗濯機の大きさを合わせないといけない

 

洗濯機の大きさによっては
防水パンに収まらない場合があります。

ドラム式洗濯機などは縦型洗濯機に比べて
大きさがあるので注意が必要です。

洗濯パンに比べて洗濯機が小さすぎても
洗濯パンの隙間にゴミやほこりが
溜まりやすくなってしまうので
こまめな掃除が必要になります。

 

まとめ

 

洗濯機を設置する床に
排水口の穴しかあいていない
という場合もありますが、
万が一水漏れが起こった時のことや、
床にへこみができてしまった時のことを考えると、
洗濯機は床に直置きするのではなく、
防水パンの上に設置した方が安心かもしれません。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です