洗濯機の底や防水パン、下の床が濡れる原因と対処法!

洗濯機のトラブルで怖いものといえば、
水漏れがあげられるかと思います。
洗濯機は水を使うものなので、
水漏れが起こるリスクは常にあります。

激しい水漏れであれば、
業者に頼んで対処してもらう必要がありますが、
洗濯機の底や防水パン、下の床が濡れる
という程度だと水漏れかどうか
微妙なところで対処に困ります。

そこで、今回は洗濯機の底や防水パン、
下の床が濡れる時に考えられる原因や
対処法について解説していきます。

 

洗濯機の底や防水パン、下の床が濡れる原因と対処法!

 

洗濯機の底や防水パン、
下の床が濡れる場合は、

  1. 蛇口
  2. 給水ホース
  3. 排水関係
  4. 洗濯機

のいずれかに不具合が生じていることが
原因で濡れる場合が多いです。

では1つずつ確認していきましょう。

 

1.蛇口

 

洗濯機の水漏れの原因で、
一番多いのが蛇口からの水漏れです。

給水ホースはニップルという
部品で蛇口に取り付けられていますが、
ニップルがゆるんでいたりすると
水漏れを起こしてしまいます。

4点をネジで止めるタイプの場合は
ネジが緩んでいないか確認してみましょう。
ワンタッチで取り付けるタイプのニップルは
ぐらぐらしていないか確認してみましょう。

ねじタイプのものはニップルを正しく取り付けて、
ねじを締めなおすと水漏れが直ることもありますが、
ねじを締めなおしても水漏れしている場合や、
ワンタッチタイプから水漏れをしている場合は
新しいものへ交換が必要になります。

ちなみに、ワンタッチタイプのニップルが
正しく取り付けられているにもかかわらず
水が漏れてくるという場合は内部が劣化していたり
破損している可能性があります。

また、蛇口の錆びやニップルの変形によっても
水漏れを起こしうてしまうため
蛇口が錆びている場合や
ニップルが変形している場合は
それぞれ交換が必要です。

 

2.給水ホース

 

給水ホースのつなぎ目からの
水漏れがないかも確認しましょう。

給水ホースとニップル、
給水ホースと洗濯機の継ぎ目から
水が漏れていることがあります。

給水ホースとニップルのつなぎ目なら、
給水ホースのパッキンが劣化による水漏れ、
洗濯機と給水ホースのつなぎ目も、
正しく付け直しても水漏れするときは
パッキンの劣化を疑ってください。

ほかにも、給水ホースの汚れによる詰まり、
穴開き、割れが原因のこともあります。
これらの状態のときは給水ホースの交換が必要です。

 

3.排水関係

 

排水関係の不具合で洗濯機の下が
濡れるという場合も少なくありません。

排水ホース自体に亀裂や穴が開きがあるときは、
排水ホース自体を交換する必要があります。
(※防水テープなどで防ぐのはあくまで応急処置です。)

また、排水口にあるエルボという部品に、
しっかりと排水ホースが
接続できているかの確認も必要です。
しっかりはまってなかったりずれていたりする場合は、
しっかりとはめ直しクリップで止めるようにしましょう。

排水口や排水管が詰まっていると、
水漏れが起こり防水パンや下の床が濡れる場合もあります。
排水口を見てみて糸くずや
汚れがあるなら取り除きましょう。

排水管が詰まっているなら、
パイプクリーナーを使ったり、
業者に高圧洗浄をしてもらうなどして
詰まりを解消するようにしてください。

洗濯機の排水口のほこりを溶かす方法!洗濯物にほこりがつくのはなぜ

 

4.洗濯機

 

ドラム式洗濯機の場合は、
排水フィルターや洗剤ケースが原因で
下が濡れることがあります。

洗剤ケースの中で洗剤や柔軟剤が
固まって詰まってしまうと
水が流れなくなり逆流し水が漏れる原因になります。

洗剤ケースに洗剤や柔軟剤の塊がある場合は、
洗って固まっている洗剤や柔軟剤を取り除きましょう。

また、排水フィルターにほこりなどが
溜まって詰まっていることが原因の可能性もあります。
排水フィルターにほこりが溜まっている場合は、
ほこりを取り除いてください。

 

縦型洗濯機の場合は、
洗濯槽の底にあるパルセーターの劣化や、
洗濯槽に異常が原因で水が漏れ出し、
下の部分が濡れている可能性があります。

洗濯機本体に問題があるときは
使っていない時は水漏れすることがなく
運転中に水漏れすることが多いので、
このような状態のときは修理を頼んでください。

 

このほか、結露をすることで
洗濯機の底や下の床が濡れることもあります。
室温よりも冷たい水を使用して洗濯すると、
結露を起こり洗濯機の表面に結露が発生しますが、
これが落ちると下にある防水パンや床が
濡れてしまうことになります。

洗濯機の結露の対処法としては、
温度調整できる洗濯機なら室温と同じ温度の
水で洗うようにするようにしたり、
室温が同じくらいの温度にした
おふろの残り湯を使って洗うようにすると
結露の発生を防ぐことができます。

 

洗濯機の下が濡れる原因が分からない時は…

 

ここまでは、
洗濯機の下の部分が濡れる場合に
考えられる原因と対処法について
ご紹介してきましたが、

もし、洗濯機の下が濡れる原因が分からないという場合は、
専門の業者に見てもらうようにした方が良いでしょう。

というのも、
水がどこから出ているか素人目には
分からないという可能性もあるからです。

例えば、洗濯機の内部から水漏れして
それが伝って下に落ちてきて濡れている場合は、
何が原因なのか洗濯機を分解しないと分かりません。

このような事情もあるため、
洗濯機から謎の水漏れが起こっている時は、
素人判断せず業者に依頼して
点検してもらうこと安心ですよ。

 

まとめ

 

洗濯機の底や防水パン、下の床が
濡れていると「何が原因だろう?」と
不安になってしまうかと思いますが、
そんな時は水道の元栓を閉めて
タオルや新聞紙を敷き詰め下に
水分が直接落ちないようにし
それから、原因を探していきましょう。

もし、原因が分からない場合は、
自分で解決しようとせず、
業者の人に見てもらうのがおすすめです。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です