洗濯機をつけると漏電ブレーカーが落ちる原因!漏電の調べ方と防止策

洗濯機を動かしていたら、
漏電ブレーカーが落ちてしまった、
なんてことは意外に多いようですが、

今回は、そんな洗濯機が漏電する時の
原因や防止方法、漏電箇所の調べ方について
解説していきます。

 

漏電ブレーカーとは?

 

洗濯機が漏電していることに気づく場合、
漏電ブレーカーが落ちることで気がつく
というケースがほとんどです。

漏電ブレーカーは電気を安全に使うために、
漏電が起きた場合に電気の供給を
ストップする安全装置になります。

漏電に気付かずに家電などを使用していると
感電事故につながったり火災になるなどの
危険性が高くなってしまいますが、
漏電ブレーカーは漏電をいち早く察知して
電気を止めてくれるので、
未然にこうした事故が起こるのを
防いでくれるものになるのですね。

 

洗濯機が漏電する2つの原因

 

洗濯機が漏電する原因は大きく分けて2つあります。

 

1.洗濯機のビニルコードの劣化

 

洗濯機が漏電する場合に考えられる1つ目の原因は、
ビニルコードが劣化していることが原因で
漏電しているということになります。

ビニルコードが劣化し、
中の電線がむき出しになって、
その電線が洗濯機や壁や水滴などに
触れると漏電を起こして
漏電ブレーカーが作動します。

洗濯機のコードを確認してみて
少しでもコードの劣化に気付いた場合は、
速やかに修理や交換を行うようにしましょう。

 

2.洗濯機の電気回路の漏水

 

洗濯機は水を扱う電化製品ですから
漏水には強く設計されています。

しかし、それでも水漏れが起こった際、
洗濯機の電気回路に大量に水がかかってしまったり、
モーターに直接水がかかってしまったりすると、
それによって漏電が起こってしまう場合があります。

 

漏電箇所の調べ方

 

漏電ブレーカーが落ちているけれど、
どの場所のブレーカーが落ちているのか分からない…
という場合は次の調べ方をすると
漏電している場所を突き止めることができます。

  1. 漏電ブレーカーと安全ブレーカーをすべてOFFにする
  2. 漏電ブレーカーをONにします
  3. 安全ブレーカーを1つずつ入れていきます
  4. 安全ブレーカーを入れた時に漏電ブレーカーが落ちた場合は
    そのコンセントにつながれている家電が漏電していることが分かります
  5. 漏電ブレーカーが落ちたところの家電が複数ある場合は電源を落とし一つずつチェックして特定します。

 

洗濯機の漏電防止方法と漏電対策方法

 

洗濯機が漏電するのを防止したり、
万が一漏電しても感電事故などが起こらないようにする
漏電防止方法や漏電対策方法について
ご紹介していきます。

 

1.アース線を確認する

 

洗濯機のアース線はしっかりつながれていますか?

アース線は漏電した際に電気を
地面に逃がしてくれるので
アース線がつながれていれば漏電による感電や
火災などの事故から守ってくれます。

万が一アース線が抜けていたり
つながれていない場合にはすぐに接続して
安全に洗濯機を使えるようにしましょう。

 

2.洗濯機やまわりを掃除する

 

洗濯機やそのまわり、排水口などに
ほこりやゴミは溜まっていませんか?
ほこりやゴミが溜まっていると、
水が詰まって排水されなくなって水が溢れたりして、
それによって漏電が起こってしまう可能性もあります。

また、洗濯機の洗剤投入口が詰まっていることでも、
水が溢れて漏電につながる恐れもあるので、
洗濯機やそのまわりはしっかり掃除して
きれいにしておくようにしましょう。

 

3.濡れている箇所がないか確認する

 

洗濯機のコード付近や底の部分、
ボタンなどのある機器面などに
水がついて濡れていないか確認して下さい。

繊細な部分では少ない水滴が原因となって
漏電につながるという場合もあります。

もちろん大量に水をこぼして
洗濯機にかかってしまった場合はよくふき取り、
手の届かない箇所はしばらく乾燥させ
洗濯機が乾いてから使うようにしましょう。

 

4.屋外やベランダに設定している場合は注意

 

屋外やベランダで洗濯機を使用している場合は
漏電により注意が必要です。

雨水が直接当たらないように
使用しないときはカバーをかけ、
雨が当たらない場所でも
屋外ではほこりやゴミがつきやすいので、
カバーをかけるようにしてください。

また、ほこりやゴミが溜まりやすいため
排水ホースなどがつまって水が溢れて
漏電するという危険もあります。

屋外に洗濯機を設置する場合は、
カバーをかけこまめに掃除するようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、洗濯機をつけると
漏電ブレーカーが落ちる原因や、
洗濯機の漏電防止方法などについて解説しました。

漏電すると感電事故につながったり、
火災になるなど危険ですから、
漏電ブレーカーが落ちた場合は、
すぐ漏電している箇所をつきとめ
対処することが大切です。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です