洗濯機に濡れたものを放置すると臭いの原因に!予約する時の注意点!

お風呂上がりに体を拭いたタオルや、
足を拭くバスマットなど、
濡れたものを洗濯機に放り込んで
そのまま放置してしまうと
雑菌が大量発生して臭くなってしまいます。

我が家では以前お風呂上がりの
タオルやバスマットを
夜洗濯機に入れて予約タイマーを設定して
朝洗い上がるようにしていたんですが、
見事に洗濯物が臭くなってしまったんですが、

私と同じように、
洗濯物に濡れたものを放置していたら、
臭くなってしまって困っている
という悩みを持っている方も多いようです。

そこで、今回は、
洗濯機ですぐ洗えない濡れた洗濯物は
どうすれば臭くならないのか?
というテーマについて
解説していきたいと思います。

 

洗濯機に濡れたものを放置すると臭いの原因に!
濡れた洗濯物はどうすればいいの?

 

濡れたタオルやバスマットなど
濡れたものをしばらくしてから
洗濯機で洗いたい場合は、
どのようにすれば臭くならないのでしょうか?

 

1.濡れたものと乾いたものは分けて保管する

 

バスタオルやバスマットなどの濡れたものは、
乾いている洗濯ものとは分けておくようにしましょう。

濡れたものと乾いたものとを
一緒にしてしまったら、
乾いていたものまで湿ったり濡れてしまうため、
雑菌が繁殖しやすい範囲を広げてしまいます。

なので、濡れたものと乾いたものは
一緒にしないで洗濯機で洗うまでは
分けて保管しておくようにしましょう。

また、濡れたものはできるだけ早く
洗濯をしてしまう方が得策です。
時間が経てば経つほどどんどん雑菌が増えてしまい、
臭いが発生しやすくなってしまうからです。

タオルで顔を拭いたときに嫌な臭いがするときがありますが、
これは雑菌が繁殖している時に出る臭いです。

一度雑菌が繁殖してしまうと
普通に洗濯するだけでは
落としきれなくなってしまうので、
濡れたものはできるだけすぐ洗って、
雑菌が繁殖する隙を作らないようにしましょう。

 

2.濡れたものは干して乾かしながら保管できるようにする

 

さて、乾いたもと濡れたものを
分けて保管しておくということは、
濡れたものを置く場所を作らないといけない
ということになるんですが、

できれば、濡れたものを保管する場所は
軽く干して乾燥させられるようにしておくとベストです。

例えば、ハンガーにかけられるようにしたり、
ピンチハンガーを吊るしておいて、
そこに干せるようにしておくというのも良いでしょう。

 

ということで、
濡れたものを洗濯機で洗うまで時間がある場合は、

  1. 乾いたものと分けて保管する
  2. 干して乾かしながら保管する

この2つのポイントを押さえて
保管するようにすると臭いの発生を
抑えることができるようになりますよ。

 

濡れたまま洗濯機に入れるデメリット

 

濡れた洗濯物をそのまま洗濯機に入れると、

  1. 予約タイマーを使って洗濯をする時臭くなりやすくなる
  2. 濡れている分重さが増え余計な水を使用して洗ってしまう

という2つのデメリットがあります。

 

1.予約タイマーを使って洗濯する時臭くなりやすくなる

 

濡れたものを洗濯機に入れて、
予約タイマーを設定して洗濯をする
というようなことをしてしまうと、
洗濯物に雑菌が大量発生して
臭くなってしまう可能性が
かなり高いので注意してください。

洗濯機の予約タイマーを設定すれば、
洗濯を終わらせる時間を調節できますが、
その間洗濯物は濡れている状態で
さらに風通しの悪い洗濯機の中に
放置されてしまっている状態なので、
雑菌が繁殖しやすい状態です。

また、乾いたものと濡れたものが
一緒に保管されているのと同じ状況なので、
乾いて雑菌が繁殖しにくかったものまで
雑菌が繁殖してしまう原因になります。

ですから予約タイマーを使って
洗濯物を洗う場合は、
洗わない状態の洗濯物が長時間
洗濯機の中にないようにしたり、
また濡れたものを洗う場合は
予約タイマーを使って洗濯しないなど
配慮して洗うようにしましょう。

 

2.濡れている分重さが増え余計な水を使用してしまう

 

濡れたものをそのまま洗濯機に入れて
洗ってしまうと水道代が無駄に高くなってしまう
というデメリットもあります。

洗濯機は洗濯物の重量に応じて、
自動的に最適な水量になるようになっていますが、
濡れたものをそのまま入れてしまうと、
濡れている重さの分本来の重さよりも
洗濯物の重さが増えているため、
使用する水量も増えてしまいます。

使用する水量が増えれば、
水道代が高くなってしまいますし、
使用する洗剤の量も増えてしまうので、
無駄なコストがかかってしまうことになります。

 

まとめ

 

濡れたものを洗濯機ですぐ洗えない場合は、
乾いた洗濯物と一緒にせず、
干して乾燥させながら保管しておくようにすると
臭くなるのを防ぐことができます。

ただ、もし洗濯物が臭くなってしまった場合は、
ハイターなどでつけおきすることで
雑菌を除菌することができるので、
つけおき洗いして臭いをリセットしてください。

洗濯機のつけおきコースの使い方と効果!最適なつけおき時間とは?

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です