洗濯機に脱いだ服を溜めてはいけない2つの理由!

脱いだ服を「洗いやすいから…」と
洗濯機の中に溜めている方も多いかもしれません。

しかし、このように、
洗濯機を洗濯カゴの代わりにして、
脱いだ服を入れていってしまうと、
様々なデメリットがある
ということはご存知でしょうか?

今回は、洗濯機に脱いだ服を
溜めてはいけない3つの理由について、
解説していきたいと思います。

 

洗濯機に脱いだ服を溜めてはいけない2つの理由!

 

洗濯機に脱いだ服を溜めてはいけないのには
大きく3つの理由があります。

洗濯機は水を扱うものなので、
そもそも、洗濯槽の中は湿度が高くなりがち。

そこに脱いだ服を溜めていってしまうと、
より湿度が高くなりやすくなってしまいますし、
溜まった服で空気は密閉状態になり…
どうなっていくのかは1つずつ確認していきましょう。

 

1.雑菌やカビが繁殖する原因になる

 

洗濯機に脱いだ服を溜めていくと、
雑菌やカビが洗濯槽や洗濯物に
繁殖する原因になります。

雑菌やカビは湿度が高く温度が高い場所で
爆発的に増殖するという特徴がありますが、
洗濯物に付着している汗や皮脂、汚れは
雑菌やカビの栄養源になるため、

湿度が高く温度が高くなりやすい洗濯機の中に
脱いだ服を溜めていってしまうと、
雑菌やカビが爆発的に増殖してしまい、
洗濯物が臭くなってしまったり、
洗濯槽がカビだらけになってしまう原因になります。

 

2.落ちない臭いや汚れが付着する

 

雑菌やカビが脱いだ服に繁殖してしまうと、
洗濯物から嫌な臭いが発生し、
普通に洗っただけでは取れなくなってしまいます。

また、洗濯槽にカビが発生してしまうと、
汚れ落ちが悪くなってしまうだけでなく、
洗濯物にカビが付着してしまい、
皮膚トラブルの原因になるなどの影響が懸念されます。

洗濯機の黒カビがひどい時は買い替えるしかない?掃除・予防方法!

 

脱いだ服などの洗濯物はどこに溜めておくべき?

 

脱いだ服を洗濯機に溜めてしまうと、

  1. 雑菌やカビが繁殖する原因になる
  2. 落ちない臭いや汚れが付着する

という問題が発生する原因になってしまう
ということについては先ほどお話しましたが、

では、脱いだ服などの洗濯物は、
洗うまでどこに溜めておくようにすれば良いのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
洗濯物は洗濯機で洗うまでは洗濯カゴに溜めて
できるだけ早く洗濯するのがベストです。

また、濡れている洗濯物がある場合は
軽く干して乾燥させてから洗濯カゴに
入れるようにするとなお良いですね。

洗濯機に濡れたものを放置すると臭いの原因に!予約する時の注意点!

洗濯後は洗濯物をすぐ取り出して干すようにしてください。

 

洗濯カゴに入れるメリット

洗濯機の中は湿度が高くなりやすく、
雑菌が繁殖しやすいため洗濯物を
溜める場所として使うのはNGです。

洗濯かごはまわりに穴が空いているため風通しが良く
湿気が溜まりにくいようになっているため、
洗濯機の中に溜めておくよりも圧倒的に
雑菌やカビが繁殖しにくくなります。

また、洗濯カゴを置く場所の換気扇を回したり
窓を開けるなど通気を良くしておくようにすると、
さらに洗濯カゴの中に湿気が溜まりにくくなり、
洗濯物を衛生的に保管しておくことができるようになります。

 

まとめ

 

洗濯機の中に洗濯物を溜めておくようにすれば、
わざわざ洗濯カゴから洗濯物を移し替える
という手間がなくなるので一見すると楽そうな
感じもしなくもありませんが、

洗濯物や洗濯槽に雑菌やカビが繁殖する原因になるので、
洗濯機には脱いだ服などの洗濯物を
溜めないようにしてくださいね。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です