洗濯機の念入りコースとはどんなコース?時間は何分長くなる?

洗濯機は標準コースを使う事が多いですが、
他にもいろいろなコースがあります。

例えば、念入りコースというコースが
ついている洗濯機も多いですが、
この念入りコースとは一体どんなコースなのか
イマイチよく分からず使い方を知りたいと
思われている方も多いようです。

そこで、今回は洗濯機の念入りコースとは
一体どんなコースなのかということについて
ご紹介していきます。

 

洗濯機の念入りコースとはどんなコース?時間は何分長くなる?

 

洗濯機にある念入りコースとは
一体どのような時に使うためにある
コースなのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
念入りコースは標準コースでは落ちない
頑固な皮脂汚れや黄ばみの洗濯物を
しっかり洗うためのコースになります。

標準コースよりも強めの水流で
しっかり洗いやすすぎを行うため
厚手の洗濯物や頑固な汚れの洗濯物を
洗いたい時に使うのにに適しています。

 

ちなみに念入りコースは
洗い、すすぎ、脱水どれをとっても
標準コースよりも長い時間行うため
洗濯が終わるまで40~50分ほどかかります。

標準コースは30分ほどで終了するので、
念入りコースは10~20分ほど
時間が長くかかるイメージです。

頑固な汚れの洗濯物を洗う場合は
つけおき洗いをしたり手洗いをしないといけない
と思われている方も多いかもしれませんが、
念入りコースがある洗濯機であれば、
これまであきらめていた汚れの洗濯物を
しっかり洗うことができるかもしれません。

 

念入りコースでも落ちない皮脂汚れや黄ばみはどうする?

 

洗濯機の念入りコースで洗っても
落ちないような皮脂汚れや黄ばみは
どのように対処すると落とすことができるのでしょうか?

 

1.洗剤を直接つける

 

洗濯機の念入りコースで
洗濯しても汚れが落ちない洗濯物がある場合は、
落ちない汚れがある部分
(衣類の襟口の黄ばみや袖口黒ずみなど)に、
洗剤を直接つけて使い古しの歯ブラシを使って
優しくブラッシングしながら洗いましょう。

洗剤を直接衣類につけることで、
繊維に洗剤の力が直に働くため
繊維に染み込んでいる汚れを落としやすくなります。

ある程度ブラッシングして洗い終わったら、
普通に洗濯機で洗って干して完了です。

 

お湯で洗う

 

一般的に洗濯するときは水を使いますが、
お湯で洗った方が汚れ落ちがよくなるので
頑固な汚れの洗濯物はお湯で洗うと良いですよ。
(※ちなみにお湯洗いは臭い取りにも効果があります。)

お湯で洗濯物を洗う場合は、

  1. 洗面器に40℃ほどのお湯を溜め洗剤を適量入れる
    (洗剤はお湯3リットルに対し、15g大さじ一杯入れます)
  2. 洗濯物を入れ20分ほどつけおきする
  3. つけおきが終わったら洗濯機で普通に洗う

 

漂白剤を使用する

 

黄ばみがひどい洗濯物がある場合は、
漂白剤を使用すると落とすことができます。

先ほどご紹介したお湯洗いと同じように
洗面器に40℃ほどのお湯を溜め、
洗剤に加えて酸素系漂白剤を入れ
洗濯物を入れたら20分ほどつけおきします。
(酸素系漂白剤は水3リットルに対して大さじ一杯入れます)

つけおきが終わったら洗濯機で洗いましょう。

 

まとめ

 

洗濯機の念入りコースは
標準コースでは落としきれないような
頑固な汚れがある場合や、
厚手の洗濯物を洗いたい時に
効果を発揮するコースになります。

ただ、念入りコースがない場合や、
念入りコースで洗っても落ちない汚れの洗濯物がある場合は、
今回紹介した念入りコースでも落ちない汚れの
落とし方で洗うようにしてみてください。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です