【洗濯機】水・洗剤・洗濯物が適量か判断する方法!

何気なく使っている洗濯機ですが、
水や洗剤、洗濯物の量が適量ではないと、
洗濯機の音がうるさくなったり、
洗濯物の汚れがしっかり落ちなかったり、
洗剤残りが発生してしまうなど
様々なデメリットがあります。

ですが、
「水や洗剤、洗濯物の量が適量かどうか
判断する方法が分からない…」
という方も多いかと思います。

そこで、今回は、
洗濯機の水や洗剤、洗濯物の量が
適量かどうか判断する方法について
解説していきます。

 

【洗濯機】水・洗剤・洗濯物が適量か判断する方法!

 

では早速、
洗濯機の水、洗剤、洗濯物が
適量かどうか判断する方法について
1つずつ確認していきましょう。

 

洗濯物の適量を判断する方法

 

洗濯物は溜まっているぶんだけ
洗濯機に入れて洗っている…
という方も多いかもしれませんが、
洗濯機は洗える容量が定められているため、
入れすぎてしまうと様々な弊害があります。

洗濯機が壊れた?衣類の入れすぎが水漏れ・止まる・うるさい原因に!

そこで、洗濯物を入れる量は
適量を守ることが大切となるのですが、
1度に洗濯機に入れる洗濯物の量は
洗濯槽の容量に対して7~8割が適量です。

縦型の洗濯機は水を撹拌して、
この水流で洗濯物を洗います。
ドラム式の洗濯機は、
衣類を上から下へと叩きつけるようにして
洗濯物を洗うようになっていますが、

洗濯物の量が多すぎても少なすぎても
摩擦がなくなり汚れ落ちが悪くなってしまいますし、
洗濯物の量が多すぎると、
重量オーバーで保護装置が作動して
洗濯機が途中で止まってしまう原因にもなります。

洗濯物の量を毎回しっかり量るのがる面倒だな
と思ってしまう方は、
洗濯槽に7割ほど洗濯物を入れて、
水を一番多い量に設定すると適量になり、
洗濯物の汚れも落ちやすく、
洗濯機に掛かる負荷も減らせます。

 

洗濯物を入れすぎると…

洗濯物を入れすぎると、
縦型洗濯機では水流が不十分になり、
ドラム式洗濯機では衣類を上から下に
うまく落とせなくなりますし、
すすぎの水量も少なくなるため、
汚れ落ちが悪くなってしまいます。

ですから、洗濯物の量が多いときは、
少し手間はかかりますが、
2回に分けて洗うようにしてください。

 

また、洗濯物の汚れがしっかり落ちないと、
皮脂や汗が残ってしまうため、
衣類が黄ばんだり黒ずんだりする原因になりますし、
残った汚れは雑菌が発生させ臭いの元にもなります。

衣類を洗ったのに臭いがするといった場合は、
洗濯物の量が多いかもと疑ってみてください。

 

適正水量を判断する方法

 

洗濯機の水量が適量かどうか判断したい
という場合は、
洗濯物が洗濯槽の中で動いていない状態で
水にギリギリ完全に浸かっているかどうか?
確認してみてください。

洗濯物が水に完全に浸かっていなければ、
水量が少ないと判断することができますし、
逆に、洗濯物が水に深く沈んでいる
というような場合は水量が多すぎると判断できます。

 

洗剤・柔軟剤の適量を判断する方法

 

洗濯に使う洗剤や柔軟剤も適量を守ることが大切です。

洗剤や柔軟剤の適量は洗濯に使用する
水量に応じて適量が決まっていますので、
それに従って洗剤や柔軟剤を投入するようにしてください。

 

洗剤や柔軟剤の量が多すぎると…

洗剤や柔軟剤を入れすぎると、
すすぎきれず衣服にも残りますし、
洗濯槽内にも残ります。

洗濯槽内に洗剤や柔軟剤が残ると、
カビを発生させる温床となりますし、
柔軟剤の量が多いと、
衣類に輪染みを起こす原因になります。

 

まとめ

 

洗濯機を使うときは、
洗濯物、水、洗剤の量を適量になるよう
調整して入れるようにすることが大切です。

一度で終わらせるために
洗濯物を洗濯槽に詰め込むなんてことも
あるかもしれませんが、
そうすると洗濯機本来の性能が
発揮されなくなってしまうので気をつけましょう。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です