洗濯機の故障原因まとめ!水漏れ・脱水できない・排水できないetc…

洗濯機は、毎日使う生活の必需品です。

洗濯機に不具合が出たり、
故障して使えなくなるととても不便です。

洗濯機の小さな異常を見落とさずに
対応できれば故障に至らず済むことも多いので、
洗濯機の不調を感じたら、
すぐ原因をつきとめて対処しておきましょう。

洗濯機の故障原因まとめ!
水漏れ・脱水できない・排水できない・水がたまらない・途中で止まる・異音がする・回らない

 

ここでは、洗濯機の故障原因をまとめています。

洗濯機にエラーコードが表示されている場合は、
取扱説明書からエラーコードを確認すると、
どのような不具合が起こっているか突き止めることができます。

 

case1・洗濯槽に水がたまらない

 

洗濯機の排水弁の働きが悪くなっていたり、
排水弁が故障していたりすると、
洗濯槽に水がたまらなくなってしまいます。

例えば、排水弁にゴミなどの
異物が引っかかってしまい、
排水口が開いたままになってしまうことで
水が溜まらなくなるということがあります。

自力で排水弁を外して異物を取り除くことができれば、
不具合を解消することができる可能性もありますが、
自信がない場合は業者に頼みましょう。

また排水弁のゴムが切れている場合は、
交換する必要があります。

 

case2・洗濯機が回らない

 

洗濯槽の底にあるパルセーターに異常があったり、
洗濯槽を回転させているVベルトに異常があると、
洗濯機の回転に問題が起きます。

洗濯槽の底が回転しなくなっている場合は、
パルセーターを交換によって直る場合が多いです。

また、洗濯槽自体が回らなくなっている場合は、
モーターの回転を伝えるためのVをベルトが
外れてしまっていたり切れてしまっていて、
モーターの回転を洗濯槽に伝えられなくなっている
可能性が考えられます。

洗濯機が回らなくなっている場合は、
業者に頼んで修理してもらいましょう。

 

case3・水漏れする

 

洗濯機の水漏れはよくあるトラブルです。

給水栓のジョイントが正しく取り付けられていなかったり、
排水ホースに亀裂が入っていたりすることで
水漏れが起こってしまいます。

どこから水漏れが起こっているかは、
自分でも確認しやすいので、
水漏れの原因をまずは特定してみてください。

ホースの取り付けがしっかり出来ていない場合は、
ホースをつなぎ直すことで水漏れしなくなりますし、
ホースに亀裂が入っている場合は、
亀裂を防水テープで巻いて塞いだり、
ホースを新しいものに交換することで解決できます。

また、排水口から水が溢れてくる場合は、
排水口を開けたところにあるトラップの部分に
ゴミが溜まって詰まっている可能性が高いです。

 

case3・脱水できない

 

洗濯機がすすぎの最中や、脱水が終わる前に
止まってしまうこともよくある不具合です。

洗濯機が、何らかの原因で
水が抜けていないと判断するために、
脱水に移ることができず
自動的に停止してしまっています。

全く水が抜けていない場合は、
排水弁が故障しているので
交換する必要があります。

水が多少残っている場合は、
排水経路が詰まったり曲がっている
ことが原因なので故障ではありません。

 

case4・洗濯機が途中で止まる

 

洗濯機が途中で止まってしまう時は

  • 洗濯物を入れすぎて重量オーバーになっている
  • 洗濯物が洗濯槽の中で1箇所に偏っている
  • 水切れの悪い洗濯物が入っていて脱水できなくなっている
  • 洗濯機の蓋が空いている

このような事が原因で止まってしまう事が多いです。

また、洗濯機にエラーコードが
表示されている事が多いので、
エラーコードを確認することで
原因を突き止めることができます。

 

case5・異音がする

 

洗濯機から異音がする場合は、

  • モーターの劣化
  • 洗濯機のベルトに不具合がある
  • 設置が水平になっていないなどで振動している
  • ボタンなど硬いものが洗濯槽に当たっている

このような事が原因で、
異音が発生している事が多いです。

 

洗濯機の故障かな?と思ったらすぐ対応しましょう

 

洗濯機の故障かな?と思った時、
早い段階で対応しておくようにすれば、
洗濯機を買い替えないで済む事も多いです。

不具合を放っておくとやがて故障してしまうので、
次のような方法で洗濯機が故障しているかどうか?
どんな対処をすれば良いのか?について
調べて見るようにしましょう。

 

対処法1・メーカーの故障診断で原因をチェック

 

洗濯機メーカーのHPにアクセスすると、
故障診断を行うことができます。

洗濯機に起こっている不具合を選んで
進んでいくとどう対処したら良いか分かります。

 

対処法2・修理業者に連絡する

 

洗濯機の保証期間内であれば、
購入した家電量販店に連絡することで
対応してもらうことができます。

また、保証期間が過ぎている場合でも、
数千円~3万円ほどの相場の中で
洗濯機を修理してもらうことが可能です。

 

対処法4・買い替える

 

修理代が高額になったり、
修理できないと判断された場合は、
洗濯機の買い替えも考えてみる必要があります。

ちなみに、洗濯機の寿命は7~8年なので、
お使いの洗濯機が寿命を迎えている場合は
買い替えた方が良いかもしれません。

 

洗濯機が故障する前には前兆がある

 

洗濯機が故障する前には何らかの前兆が
起こっている事が多いです。

例えば、先ほどご紹介した、
異音が発生しているとか途中で止まってしまうとか、
脱水が甘くなってしまうなどがあります。

このような症状を見逃さない事が
洗濯機の故障を予防することや
安全に洗濯機を使うことにつながります。

 

洗濯機を長く使うためのポイント

 

毎日使う洗濯機は日頃のケア次第で
長く使えるかどうかが決まってきます。

例えば、掃除を怠ると不具合につながりますし、
洗濯物の入れすぎは洗濯機に負担をかけてしまいます。

月に1回程度は洗濯槽クリーナーを使って
洗濯機の槽洗浄を行うようにしたり、
洗濯機や排水口にたまっていくほこりを
掃除するようにしましょう。

また、洗濯槽に入れる洗濯物の量は
適量である7割を意識して入れてください。

見落としがちなのは、
洗剤入れのカビですが、
これも洗濯機の故障の原因になります。

洗剤入れにカビが発生している場合は、
ふろ用漂白剤を吹きつけた後30分放置し、
その後糸くずフィルターを外して、
洗濯物を入れずに洗濯機を回して掃除しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です