洗濯機が壊れた?衣類の入れすぎが水漏れ・止まる・うるさい原因に!

洗濯機を使う時洗濯物はどのくらい
入れているでしょうか?

あまり気にせず溜まっていたら
入るだけ洗濯機に入れて洗っている…
という方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は、洗濯物に洗濯物を入れすぎると
いろいろなトラブルが起こる原因となります。

例えば、洗濯機が壊れる原因になったり、
水漏れが起こったり、止まったり、
洗濯物も傷んでしまうかもしれないんです。

そこで今回は、
洗濯物の入れすぎると起こる洗濯機の
トラブルなどについて解説していきます。

 

入れすぎで起こる洗濯物に対するデメリット3つ

 

洗濯機の大きさは㎏で表されます。

一人1日当たりの洗濯物は1.5㎏が
目安とされていますので、
4人家族の場合1日6㎏の洗濯物が
溜まる計算となります。

洗濯機が7㎏の大きさであれば、
11回の洗濯で家族全員分の洗濯物を
洗うことができることになりますが、

毎日洗うのが面倒で2日に1回の
ペースで洗濯物を洗おうとしたりすると、
洗濯物を入れすぎの状態になる可能性があります。

洗濯物を入れすぎた状態で洗ってしまうと、

  1. 汚れが落ちにくくなる
  2. 衣類が傷つく、色移りする、色落ちする
  3. 悪臭が発生する

という3つのデメリットが起こる原因になります。

 

汚れが落ちにくい

 

洗濯物を入れすぎると洗濯槽の中で
洗濯物がスムーズに回転しなくなるため、
汚れが落ちにくくなってしまいます。

しっかり汚れが落ちないと、
洗い落とせなかった汗や皮脂などによって
衣類に黄ばみや黒ずみができたりします。

 

衣類が傷つく・色移りする・色落ちする

 

洗濯物を入れすぎると、
衣類同士がこすれてしまうため
繊維が傷ついたり、色移りが起こったり、
色落ちしたりする原因にもなります。

また、汚れ移りも起こりやすくなります。

 

悪臭が発生する

 

洗濯物を入れすぎて洗ってしまうと、
洗い落とせなかった汚れや汗などに
雑菌が繁殖して生乾きで出るような
悪臭が発生しやすくなります。

 

洗濯物の入れすぎで洗濯機が壊れた?
洗濯物の入れすぎで起こる洗濯機のトラブル

 

洗濯機の洗濯物を入れすぎると、
洗濯物がしっかり洗えなくなったりするだけでなく
洗濯機が故障したりトラブルが起こる原因になります。

洗濯物の入れすぎが原因で起きやすい
洗濯機のトラブルを以下に紹介します。

 

洗濯機が途中で止まって回らなくなる

 

縦型洗濯機の場合は、
洗濯槽の底にあるパルセーターで
水を回転させるようになっていますが、
洗濯物を入れすぎると、
パルセーターに大きな負荷がかかって、
動きにくくなり回転できなくなり
洗濯機がエラーを起こし途中で
止まってしまう原因になります。

 

洗濯機が暴れてガタガタ振動音がするなどうるさくなる

 

洗濯物を入れすぎると、
重さに洗濯機が耐えきれなくなり
洗濯槽がバランスを崩し、
傾いたまま回転するようになり、
洗濯機が大きく揺れて暴れたり
大きく振動してガタガタと
うるさい大きな音を立ててしまう原因になります。

 

オーバーフローを起こして水漏れが起こる

 

洗濯物を入れすぎると、
洗濯物の回転で水しぶきが発生し
洗濯機を超えて水がこぼれる、
いわゆるオーバーフローによる
水漏れが起きやすくなります。

アパートやマンションなどで
上層階にお住まいの場合は
水漏れを起こしてしまうと
下層階の人とトラブルになってしまう
可能性があるので特に注意したいですね。

 

洗濯機から焦げ臭いにおいがする

 

洗濯物の入れすぎると、
洗濯槽を回転させているモーターやベルトに
大きな負荷がかかってしまうため
洗濯機から焦げ臭いにおいが発生することがあります。

 

洗濯機が故障する

 

洗濯機への入れすぎにより、
洗濯槽が回転しにくくなると、
モーターやベルトに大きな負荷がかかるため、
最悪は洗濯機が故障する可能性もあります。

 

洗濯物は7割以下に

 

これまで見てきたように、
洗濯物の入れすぎは、
さまざまなトラブルを招く原因になります。

では、1回の洗濯で入れる洗濯物の量は、
どれぐらいが適切なのでしょうか。

洗濯物がスムーズに回転して汚れが落ちやすいのは、
洗濯槽の
7割以下がよいとされています。

それを上回る場合は、
2回に分けて洗濯することをおすすめします。

 

まとめ

 

洗濯機に洗濯物を入れすぎると、
洗濯物がうまく回転せず、
その結果、洗濯物の汚れが落ちない、
衣類に黄ばみや黒ずみ、傷ができる、
色移りや色落ちするなどの衣類へのダメージに加え、

洗濯機の様々なトラブルが引き起こされたり、
故障させてしまう原因になりますので、
洗濯物を洗う際は入れすぎに注意しましょう。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です