洗濯機の異音が出る原因まとめ!変な音がしたらすぐ確認する事!

洗濯機から、突然、これまで聞いたことがない
異音が出ていると驚いてしまいますよね?

この変な音はどこから出ているのか?
と思ってみても洗濯機のような機械相手だと
素人が考えてみてもよく分からず
お手上げになってしまうなんてことも少なくありません。

ですが、洗濯機から異音が出る場合は、
以外と単純なことが原因で、
異音が出ている場合もあり、
自分で修理することができてしまう
ということも多いのです。

そこで、
今回は洗濯機の異音が出る原因を
まとめていきたいと思います。

洗濯機の異音が出る原因まとめ!

 

では、早速洗濯機の異音が出る原因を見ていきましょう。

 

ガタガタ・ドコドコという異音がする原因

 

洗濯機からガタガタというような異音が出た場合、
まず設置場所と洗濯物の入れ方に
問題がないかを確認しましょう。

 

設置場所は水平で異常はありませんか?

 

洗濯機からガタガタと異音がする場合、
洗濯機が水平に置かれているかどうかを
チェックしてください。

また、あわせて床がしっかりしていることも確認しましょう。

洗濯機が傾いていたり、
洗濯機を置いている床が弱くなっていたりすると、
洗濯機の振動が大きくなってしまうため、
洗濯槽が回転するときに前後左右に揺れ
洗濯機の筐体にぶつかってしまうため
ガタガタとかドコドコというような
大きな音が出てしまいます。

 

洗濯物を詰め過ぎていませんか?

 

洗濯物を詰め過ぎると、
洗濯槽が重さに耐えきれなくなり、
回転が不安定になり振動が発生し
ガタガタと異音が発生する原因になります。

また、洗濯物が洗濯槽の中で偏ってしまうと、
洗濯槽が回転するときに揺れが発生し
同じようにガタガタと異音が出ることがあります。

洗濯物が多く洗っている場合は、
少し洗濯物の量を減らして動かしてみたり、
洗濯槽の中で洗濯物が1箇所に集まっている場合は、
ばらけるようにほぐしてみて
異音がなくなるかどうかをチェックしてみましょう。

 

ガリガリ・キーキーという異音がする原因

 

洗濯機からガリガリとかキーキー、
というような異音がする場合は、
異物が洗濯機に入ってしまっている可能性があります。

ドラム式洗濯機を使っている場合は、
まず、洗濯機の中に、金属などの
固いものが入っていないかを確認してみましょう。

もし、洗濯機の中に異物が見当たらなければ、
洗濯機の内部に異物が入り込んでしまった
可能性が高く自分での対処ができないため
修理を依頼するようにしてください。

縦型洗濯機を使っている場合は、
洗濯槽の底にある羽根の部分(パルセーター)を
ドライバーで外して取ってみましょう。
パルセーターを外した下に異物が入っていた場合、
取り除くことで異音がしなくなります。

ただ、パルセーターのネジが硬かったり、
自分で外せないような構造になっている場合は、
ドラム式洗濯機と同じように、
修理を依頼するようにしてください。

 

キュルキュル・カチカチ・ウイーンという異音がする原因

 

洗濯機からキュルキュル・カチカチ・ウイーン
というような異音がしている場合は、
洗濯機の部品が劣化してきていたり、
洗濯機が故障している可能性が高いです。

これらの異音が発生している場合は、
メーカーに修理を依頼する必要があります。

 

キュルキュルという異音がする原因

 

洗濯機からキュルキュルという異音がする場合は、
洗濯槽を回転させるためにモーターと
洗濯槽の軸をつないでいるベルトが劣化して、
空転してしまっている可能性が高いです。

ベルトを新しいものに交換することで
キュルキュルという異音がしなくなります。

 

カチカチという異音がする原因

 

洗濯機からカチカチという異音がする場合は、
洗濯機のクラッチが滑って、
うまく切り替わらなくなってしまう事が原因で
発生している可能性が高いです。

 

ウイーンという異音がする原因

 

洗濯機からウイーンという異音がする場合は、
洗濯槽の底にあるパルセーターの
ネジ山が削れてしまったことで
空回りしてしまいモーターが無理やり
パルセーターを回そうとしてしまっているか、
モーター自体が劣化してしまっている可能性が考えられます。

パルセーターのネジ山が削れている場合は、
パルセーターを新しいものに交換することで
不具合なく洗濯機が動くようになります。

また、モーターが劣化していることで
ウイーンというような異音が出る場合は、
モーターの交換が必要になります。

 

まとめ

 

洗濯機から、突然、異音が出たときは、
何が原因で異音が発生しているのかを
突き止めることが大切です。

異音の種類によっては洗濯機が故障しているのを
早期発見することができる場合があるので、
どんな異音が出ているのかをよく聞いて、
原因を調べていくようにしてみてください。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です