洗濯機の排水口のほこりを溶かす方法!洗濯物にほこりがつくのはなぜ

洗濯機の排水口にほこりが
溜まってしまうと排水エラーになったり、
水が排水口から溢れてしまいますが、

洗濯機の排水口に溜まってしまった
困ったほこりを溶かすには
一体どのようにすれば良いのでしょうか?

また、洗濯をしたにもかかわらず、
洗濯物にほこりがたくさんついて困っている
というお悩みを持っている方も多いようです。

洗濯物にほこりがつくのはなぜなのでしょうか?
どうすればほこりがつかなくなるのでしょうか?

今回は、こういったお悩みを
解決していきたいと思います。

 

洗濯機の排水口のほこりを溶かす方法!

 

洗濯機の排水口の掃除はしていますか?
「あまりしていない…」という場合は、
もしかしたら排水口にほこりが溜まって
詰まりそうになっているかもしれませんよ。

さて、洗濯をするたびに溜まっていく
排水口のほこりですが、
この排水口のほこりを掃除する場合は、
溶かしてしまうのが一番です。

では、早速洗濯機の排水口のほこりを
溶かす手順方法について見ていきましょう。

●用意するもの

  • パイプハイター
  • ゴミ袋
  • ゴム手袋
STEP.1
排水口の蓋をとりトラップを取り外す

 

まずはゴム手袋を着用しましょう。

そうしたら、
洗濯機の排水ホースがつながれている
排水口の蓋を回して取り外し、
中にあるトラップも回して取り外します。

STEP.2
手で取れるほこりを取り除く

 

排水トラップを分解することができたら、
手で取れるほこりをつまんで取り除きましょう。

取り除いたほこりはゴミ袋に入れていきます。

STEP.3
パイプハイターを投入する

 

手であらかたほこりを取り除いたら、
パイプハイターを排水口に投入します。

入れる量は「つまりの解消」に
書かれてある分量に従って投入してください。
およそ300~400gほどになります。

STEP.4
しばらく放置する

 

パイプハイターを投入したら
15~30分ほど放置しておきましょう。

長時間放置してしまうと排水管を
傷めてしまう原因となりますので、
長くても放置時間は30分までにしてください。

STEP.5
水で流す

 

15~30分放置したら、
水で十分に流して完了となります。

 

洗濯機で洗った洗濯物にほこりがつくのはなぜ?

 

「洗濯機で洗った洗濯物にほこりがついてしまう…」
というお悩みを持っている方も多いようです。

洗濯した洗濯物がほこりだらけになってしまう
という場合は次のような原因が考えられます。

 

糸くずフィルターにほこりが溜まっている・破れている

 

洗濯物にほこりがつく時には
糸くずフィルターにほこりが溜まっていないかや、
糸くずフィルターが破れていないか確認してみましょう。

糸くずフィルターは1回洗濯しただけでも
かなりたくさんほこりやゴミが溜まりますが、
取り除いていないと、
糸くずフィルターがつまって、
ほこりやゴミをキャッチできなくなるため、
洗濯槽にほこりが流れていき、
洗濯物にほこりがついてしまう原因になります。

また、糸くずフィルターが古くなっていて、
破れている場合も同様です。

洗濯機の糸くずフィルターの交換時期や掃除方法!ない時の代用品!

 

ほこりが出やすい洗濯物を洗っていた

 

洗濯物には汚れやほこりがついていますし、
タオルは洗うと毛羽落ちが発生します。
また、ポケットの中に溜まったホコリが
洗濯中に出てきて他の洗濯物に付着してしまう
ということも考えられます。

  • タオル
  • ウール
  • ニット
  • フリース など

このように、ほこりが出やすい洗濯物を
そのまま洗濯槽に入れて洗うと、
他の洗濯物にほこりがついてしまうので
洗濯ネットに入れて洗うようにすると
他の洗濯物にほこりが広がるのを防止することができます。

また、ほこりがたくさん付着している
衣類を洗濯する場合は事前に
コロコロなどでほこりを
取り除いておくようにすると良いでしょう。

 

洗濯槽が汚れている

 

洗濯槽は繰り返し使っていくうちに
たくさんのほこりや汚れが溜まっていきます。

さらに、洗濯槽の中は湿気がこもりやすく
ジメジメした状態になりやすいため
ほこりが溜まっているとそこにカビが発生します。

このように洗濯槽が汚れてしまっていると、
洗濯をするたびに溜まったほこりやゴミが
出てきて洗濯物に付着してしまう原因になるので、
定期的に槽洗浄を行うようにしましょう。

参考 洗濯機の槽洗浄のやり方役立ちログ

 

水量が少ない

 

意外に思われるかもしれませんが、
洗濯する際の水の量が少ないと
ほこりが出やすくなるため洗濯物に
ほこりがつきやすくなったり、
排水口にほこりが溜まりやすくなります。

なぜ水量が少ないとほこりが出やすくなるのかというと、
洗濯槽内の水が糸くずフィルターの高さまで
水が届かず糸くずフィルターが機能しなくなること、
水量が少ないことで洗濯物同士が近くなりやすく、
流されたほこりが再付着しやすくなることがあげられます。

 

洗濯機の下に溜まったほこりの取り方

 

洗濯機の下には排水ホースを通すための
わずかなスペースがあります。

洗濯機は一度設置するとなかなか
動かすことも無いので
下のスペースにはほこりが溜まりやすくなります。

重い洗濯機を動かして掃除するのは大変なので、
次のようなものを使って洗濯機の下に溜まった
ほこりを掃除するようにしましょう。

 

クイックルハンディーワイパー

 

洗濯機下に入れて簡単にお掃除できます。
奥のほうは柄を伸ばすことで簡単に届くので隅々までお掃除できます。

 

フローリングモップ

 

洗濯機の下にフローリングモップを入れて掃除するのが便利です。
溜まったほこりや髪の毛を掃除できます。

 

ハンガーとストッキングで掃除する

 

針金タイプのハンガーにストッキングを
巻きつけることで簡易の掃除道具になります。

ストッキングは静電気を起こしやすいので
ほこりを掃除するのに最適です。
またハンガーはお好みの形に変えられるので狭い隙間にはおすすめです。

 

まとめ

 

今回は、

  • 洗濯機の排水口のほこりを溶かす方法
  • 洗濯した洗濯物にほこりがつくのはなぜなのか?
    どうしたらほこりがつかなくなるのか?
  • 洗濯機の下のほこりの掃除方法

について解説しました。

衣類をきれいに洗ってくれる洗濯機ですが、
そんな洗濯機の洗濯槽や排水口、
下のスペースはほこりが溜まりやすく
汚れやすい場所になりますので、
こまめに掃除してきれいにしておくと
よりスッキリするかと思います。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です