洗濯機のアースをつながないのは危険?アースのつけ方と外し方!

洗濯機にはアース線がついていることはご存知でしょうか。

アース線はコンセントについている
アース端子につなげばよいのですが、

引っ越し先などで洗濯機置場にある
コンセントにアース端子がない場合は
どうしたらよいのでしょうか。

洗濯機のアース線をつながないで
使ってしまうとどんな危険があるのでしょうか?

この記事ではそんな洗濯機についている
アース線について説明します。

 

そもそも洗濯機になぜアース線があるの?

 

電気製品にはいろいろありますが、
アース線がついたものとついていないものがあります。

洗濯機や電子レンジ、冷蔵庫などには
アース線がついていますが、
小型の家電製品などにはアース線がついていません。

アース線がついているものと
そうでない家電があるのは
一体どうしてなのでしょう?

 

・アース線の意味

 

アースは本来地球とか地面という意味ですが、
接地という意味もあります。

アース線の役割は、
先端の金属部分を地面に打ち込んだ
金属棒につなぐことで
万が一漏電した時電気を
地面に逃がすためのものです。

電力使用量の大きい電気製品の場合、
製品が劣化して漏電を起こす場合があります。

水気の多い場所や湿気の多い場所で
使用する電気製品では、
感電事故や火災を防ぐためにアース線がついており、
万が一漏電してもアースターミナルから
地面に電気を逃がせるようになっています。

 

・アースターミナルとは

 

通常の住宅やマンションの各部屋には、
洗濯機を置く場所にコンセントと一緒に
アースターミナル
(接地端子)が設置されています。

この端子にアース線をつなぐだけで、
漏電時に電気を地面に逃がすことができます。

水道管が金属でできていたころは、
水道管が地中を通っているため、
アース線を水道管につないでいたこともありますが、
現在は、水道管が樹脂製に代わり、
アース線をつなぐことは禁じられています。

 

・アースがある家電・ない家電の違いは?

 

洗濯機のように水を使う電気製品は、
感電を防ぐためにアース線がついています。

電子レンジやトイレのウォシュレットも
アース線がついています。

アース線をつながなくても使用はできますが、
万一、漏電してしまった時危険です。
アースをつないであれば感電事故や火災を防げるのですから、
湿気や水気のあるところで使う電気製品で
アースがついている場合は必ずつないでおきましょう。

アース端子がない場合の対処法は?

 

築年数の古い住宅に引っ越した場合や、
洗濯機の設置場所のコンセントにアース端子がない場合、
どうしたらよいのでしょうか。

 

・洗濯機をアースにつながないまま使うのは危険?

 

アースをつながないで洗濯機を使ってはだめ?
と思われる方もおられるかもしれません。

実際、アースをつながなくても
洗濯機は普通に動きますので、
アースをつながなかったとしても
問題なく洗濯機で洗濯物を洗うことができます。

できますが、
漏電があった場合には感電する恐れがありとても危険です。

アースさえつないでいれば、
感電事故を予防することができるのですから、
洗濯機のアースはつないで使うべきです。

 

・コンセントにアース端子がない場合は?

 

アース端子がない場合は、
アース線の接地工事が必要になります。

工事には電気工事士の資格が必要ですので、
お近くの家電販売店あるいは電気工事業者に相談して
アースを設置してもらうようにしましょう。

 

洗濯機のアース線の付け方と外し方

 

洗濯機のアース線をつけたり外したりするのは、
実際そこまで難しくはありません。

やったことがないと難しそうと
思われるかもしれませんが、
コンセントにアース端子さえあれば、
洗濯機のアース線は簡単につけられます。

 

・アースの付け方

 

アース端子には、

  1. カバー(ふた)の開け閉め取り付け取り外しができるタイプ
  2. 金属板にアースの銅線を挟んでネジで占めるタイプ
  3. つまみ式で金属の板に銅線を挟んで占めるタイプ

などいくつかの種類があります。

カバー式の場合はマイナスドライバーでカバーを開け、
アース線の銅線を端子に差し込みカバーを戻せばOKです。

ネジ式やつまみ式は、アースの銅線を
金属板で挟みドライバーでネジを締めてつなげば完了です。

 

・アースの外し方

 

アース線を外す場合はつける時と反対で、
カバーを開けアース線を抜くか、
ネジを緩めてアース線を外すだけです。

アース線を外す場合は、
必ず作業前にコンセントから電源コードが
抜かれていることを確認してから行ってください。

 

まとめ

 

洗濯機に限らず、
アース線がついている電気線品は、
アース線をアース端子につないで使いましょう。

とくに、水気や湿気の多い所で使用する場合は、
アースをつけることが義務付けられていますので、
アースをつながないで使用するのは危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です