防水パンがないまま洗濯機を設置して大丈夫?やっぱり必要?

引越し先で洗濯機を設置しようと思ったら、
洗濯機置き場に防水パンがなくて、
「防水パンがないまま洗濯機を設置しても大丈夫?」
と、疑問に思ったことはないでしょうか?

防水パンというのは洗濯機の下に敷く
枠のついたプラスチックの受け皿で、
万が一洗濯機が水漏れしたとき
水を受け止めるためのものですが、

洗濯機置き場の防水パンが
そもそも設置されていないケースもあり、
その場合防水パンを設置するかどうか、
迷ってしまうかと思います。

そこで、今回は、防水パンの役割や
メリット・デメリットについて説明いたします。

 

洗濯機の防水パンの役割

 

まず、防水パンとはどのようなものでしょうか?

防水パンは、洗濯機の下に設置された
プラスチック製の四角い受け皿のことで、
洗濯機の排水ホースを排水管につなげられるよう
穴があいているものになります。

防水パンを設置するのは、
万が一洗濯機から水が漏れたとしても、
床に水が流れ出さないようにするためです。

防水パンの四辺には縁がついており、
排水口の部分だけ穴が空いているため、
防水パンに流れた水は排水口に流れていくようになっています。

オーバーフローや、
排水ホースのつなぎ目が外れるなどで
水漏れが起こってしまうことは多いですし、
また洗濯機の底やホースに結露が発生し
それが床に落ちて床を腐らせてしまう
ということがありますが、
防水パンを設置していればこれらのリスクを
回避することができるというわけなんですね。

 

防水パンの種類

 

防水パンには、以下のようなサイズと種類があり、
洗濯機に応じて選ぶことができます。

 

【サイズ】

  • 幅と奥行きが各64cmの正方形タイプ
  • 74cm×奥行64cmの長方形タイプ
  • 80cm×奥行64cmの長方形大型タイプ
  • このほか幅が90cmなどのサイズもあります

【タイプ】

  • 水が流れ出ないように周囲に縁だけがあるフラットタイプ
  • フラットタイプの四隅に洗濯機の足を置く低めの台がついたタイプ
  • 洗濯機の四隅に高い台を置いて掃除をしやすくした四隅かさ上げタイプ

 

防水パンは本当に必要?
防水パンを設置するメリットとデメリット

 

次に、洗濯機の下に防水パンを設置する
メリットと置いた場合のデメリットを見てみましょう。

 

防水パンを置くメリット

 

防水パンを置くメリットは、
洗濯機から水が漏れても、
床への流出を防止できることです。

とくにマンションやアパートなどの上階では
水漏れがすると下の部屋まで水漏れするので、
防水パンは欠かせません。

また、排水ホースなどの結露で
床材が腐食するのを防ぐことができます。

 

防水パンを置いた場合のデメリット

 

防水パンを置いた場合のデメリットは、
洗濯機の下の掃除がしにくくなることです。

フラットタイプなどでは、
洗濯機との隙間がほとんどなく掃除が困難です。

掃除のたびに重い洗濯機を動かせるものではありません。

四隅かさ上げしたタイプは
このデメリットを解消するもので、
洗濯機との間に隙間ができるため
掃除がやりやすくなっています。

 

掃除をしやすくする防水パングッズ

防水パンを設置すると
洗濯機の下の掃除がしにくくなってしまう
デメリットを解消できるグッズも当然あります。

防水パンをかさ上げできるゴムマットがありますが、
かさ上げ用のゴムマットを設置すると、
洗濯機の防音・防振の効果が得られるだけでなく
洗濯機の下の部分の隙間ができるため
洗濯機の下を掃除しやすくできます。

また、洗濯機スライド台は、
キャスターとジャッキがついていて、
楽に洗濯機を移動したり固定することができるため
掃除がしづらい洗濯機には便利なグッズです。

 

防水パンがないまま洗濯機を設置するとどんな問題がある?

 

防水パンがないまま洗濯機を設置した場合、
水漏れした際下層階に迷惑がかかってしまったり、
洗濯機の下の床が結露で傷んでしまう
というような問題が起こることが考えられます。

防水パンを設置しない方が、
洗濯機の下のスペースを掃除しやすい
ということもいえなくもありませんが、
ひどく水漏れしてしまった場合、
床が水浸しになってしまう…
ということが考えられますから、
マンションやアパートにお住まいの型はもちろん
戸建てにお住まいの場合でも防水パンを
設置しておくことをおすすめします。

 

まとめ

 

防水パンがないまま洗濯機を設置したとしても
何も問題が起こらないということもありますが、
もし、水漏れが起こってしまったり、
洗濯機に結露が発生してしまった場合、
何らかの問題が発生する可能性がありますから、
防水パンは保険として設置しておくと良いでしょう。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です