乾電池が寒さに弱い理由!寒冷地に強い乾電池ってどれ?

寒い日、リモコンの反応が悪かったり、
時計が止まってしまっている…
なんてこともありますよね。

「まだ、乾電池使えるはずなのに、
どうして使えなくなってしまったの?」
と、疑問に思われるかもしれませんが、

実は、これ乾電池は寒さに弱い
という性質が関係しているんです。

そこで、今回は乾電池が寒さに弱い理由や、
寒さに強い、寒くても安心して使える
乾電池にはどんなものがあるのか?
についてお伝えしていきたいと思います。

 

乾電池が寒さに弱い理由!
寒いと乾電池の寿命が短くなります

 

乾電池は気温が低く寒い環境だと、
なぜ使えなくなってしまうのでしょうか?

それは、寒いと乾電池の
化学反応が弱くなってしまうためです。

乾電池は内部の成分が化学反応を起こすことで
電力が発生する仕組みになっていますが、
寒いと化学反応が起こりにくくなってしまうので、
パワーが弱くなってしまったり、
すぐ使えなくなってしまうことがあります。

温かいところで使った乾電池に比べ
寒いところで使った乾電池の寿命は、
2分の1~10分の1まで短くなってしまうので、
寒さがかなり乾電池に影響してしまう
ということが分かります。

 

アルカリ乾電池と寒さ

 

アルカリ電池の使用温度範囲は5〜45℃なので、
5℃を下回るような気温になっている場合は、
性能が十分に発揮されなくなってしまったり、
寿命が短くなってしまう可能性があります。

ただ、マイナス10℃までは使用することはできます。

 

マンガン電池と寒さ

 

マンガン電池もアルカリ電池同様、
使用温度範囲は5〜45℃になります。

しかし、マンガン電池の場合、
この使用温度範囲を超えて使用してしまうと、
液漏れする恐れが高くなってしまうので、
アルカリ電池よりもやや寒さに弱いといえそうです。

 

このように、
アルカリ電池マンガン電池ともに
寒さに弱いという性質があるのですが、
寒い地域にお住まいの方は、
「それじゃ困る」と思われますよね。

北海道や東北の寒い地域はもちろん、
関東圏でも気温が5℃を下回ることは
少なくないので寒さに強い乾電池が必要です。

寒さに強い乾電池はどんなものがあるのでしょうか?

 

寒さに強いエナジャイザーリチウム乾電池

 

寒さに強い乾電池が欲しい…
そんな時はエナジャイザーリチウム乾電池を使いましょう。

エナジャイザーリチウム乾電池は…

  • 気温マイナス40〜60℃でも使用可能
  • アルカリ電池より8倍長持ち
  • アルカリ電池よりも33%軽量
  • 使用推奨期限15年で長期保存可能

というかなりハイスペックな乾電池です。

もちろん、その分お値段も高く、
4本入りが1,500円前後となりますが、
性能の高さを考えると
決して高いお値段ではなさそうです。

エナジャイザー 【単3形】4本 リチウム乾電池「エナジャイザー」 BATLAA4P

 

一般的に温度が下がると
乾電池の化学反応が鈍くなるため
電池の寿命は通常よりも短くなりますが
リチウム電池やニッケル水素電池、ニカド電池は
アルカリ電池やマンガン電池に比べ
寒さに強いので温度の低い場所で
使用するのに適しています。

ただ、アルカリ電池やリチウム電池など
種類や銘柄、容量の違う乾電池を
一緒に使ってしまうのはやめてください。
このような使い方をしてしまうと、
乾電池が液漏れを起こしたり、
寿命が短くなってしまいます。

 

まとめ

 

基本的に乾電池は寒さに弱いので
気温が5℃を下回るような場合は、
乾電池のパワーが弱くなったり、
寿命が短くなってしまいます。

なので、もし寒い時に乾電池を使用する場合は、
寒さに強い乾電池を使用するのがおすすめです。

ちなみに、寒さで使えなくなってしまった乾電池は
少し手の中で温めたりすると復活して
使えるようになる可能性もあるので
もしよかったら試してみて下さい。
(※カイロなど高温のものは使わず温めて下さい)

乾電池を復活させる方法3つ!冷蔵庫に入れても復活しない?

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です