乾電池が液漏れしてリモコンが故障した時の対処法!

「リモコンに入れていた
乾電池が液漏れを起こして、
リモコンが故障してしまったのですが、
こんな時はどう対処したら良いのでしょうか?」

今回は、こんな質問がありましたので、

乾電池が液漏れしてリモコンが
故障してしまった時の対処法などについて
解説していきたいと思います。

乾電池が液漏れしてリモコンが故障した時の対処法!

 

リモコンに入れていた乾電池が
液漏れを起こしてしまっている場合は、
液漏れしている乾電池の電解液に
素手で触らないように注意してください。

液漏れしている電解液を触ってしまうと
皮膚が溶けてしまったり、
目に入ると失明する恐れがあります。

もし、触ってしまった場合は、
大量の水でぬめり感がなくなるまで洗ってください。
目に入ってしまった場合は絶対にこすらず
大量の水でしっかり洗った後、
眼科へ行き医師の治療を受けて下さい。

 

液漏れした乾電池をリモコンから取る手順
リモコンが故障した時の対処法

 

では、ここからは
液漏れした乾電池をリモコンから安全に取り除き、
リモコンの電池ボックスに付着している
電解液をきれいにし再びリモコンを
使えるようにするための手順方法について
ご紹介していきます。

 

用意するもの
  • ゴム手袋
  • ティッシュペーパー
  • 綿棒
  • 水(場所によってはバケツに水をいれて)
  • 保護メガネ(もし液がはねてきたときに安心です)
  • 紙やすり(目の細かいもの)
  • 接点復活剤

 

STEP.1
ゴム手袋を着用し乾電池を取り外す

 

リモコンの乾電池が液漏れしている場合、
まずは液漏れしている乾電池を取り外しましょう。

液漏れしている乾電池に素手で
触ってしまうと危険なので、
ゴム手袋をはめて乾電池を取り外します。

乾電池が取れない時の対処法!液漏れしている時の取り方についても
STEP.2
ティッシュペーパーで液を拭き取る

 

液漏れしている乾電池を取り外したら、
ティッシュペーパーでできる限り、
液漏れしている電解液を拭き取りましょう。

STEP.3
リモコンの端子を確認する

 

液漏れした乾電池を取り外したら、
リモコンの電池ボックスの端子に
サビが発生していないかどうか確認しましょう。

もし、端子がサビてしまっていた場合は、
接触不良が起こる原因となり、
リモコンが通電しなくなり
使えなくなってしまうことがあります。

STEP.4
リモコンのサビを落とす

 

リモコンの端子がもしサビていた場合は、
紙ヤスリで磨いてサビを落とすことで
再びリモコンが使えるようになる場合があります。

ただ、紙ヤスリで磨いても
サビが落ちないような場合は、
接点復活剤を塗ることで
リモコンを直すことができる可能性もあります。

STEP.5
酢をしみこませたティッシュで拭く

 

液漏れした乾電池を取り外し、
電解液を拭き取り、
リモコンの端子のサビがなくなったら、
最後に酢をしみこませたティッシュや綿棒で
リモコンの電池ボックスを拭き掃除します。

酢で拭くことによって、
液漏れによって付着してしまった
アルカリ性の電解液を中和させます。

酢をつけての拭き掃除が終わったら、
最後にティッシュで乾拭きして終了です。

 

乾電池が液漏れする原因

 

乾電池はなぜ液漏れを起こしてしまうのでしょうか?

これはいろいろな原因があります。

未使用の乾電池が液漏れする場合は、
主に長期保管や落下などが原因で
液漏れを起こすことが多いです。

また、保管場所が高温多湿になるような
適切でない場所だった場合も液漏れが起こります。

 

使用中、使用後の乾電池が
液漏れする原因としては、
電池を逆向きに入れてしまうことや、
新旧電池を混ぜて使ってしまう
ということがあげられます。

電池を逆向きに入れてしまうと、
ショートが起こったり、
逆向きに電流が流れることで片方の電池が
充電され内部が高圧となり
短時間で液漏れが起こってしまいます。

また、新しい電池と古い電池を混ぜて
装着して使っている場合は、
古い方の電池が先に過放電状態になり、
内部が高圧になり液漏れが起こりますし、

スイッチを入れたまま乾電池を
入れっぱなしにしてしまった場合も
乾電池の内部が高圧状態になるため
液漏れが起こってしまう原因になります。

 

まとめ

 

リモコンに入れていた乾電池が
液漏れを起こしている場合は、
まずは直接漏れ出している電解液に
触らないようにゴム手袋などをつけて
乾電池を取り外し電池ボックスを
きれいに掃除することが大切です。

電解液を付着したまま放置してしまうと、
電池ボックスの端子がサビて、
リモコンが故障してしまう場合がありますが、
この場合は紙ヤスリなどで磨いて
サビを落とすようにしたり、
接点復活剤を塗るようにすれば、
再びリモコンが使えるようになるので、

乾電池が液漏れしてリモコンが
故障してしまったという場合は、
一度試してみてください。

ではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です