乾電池の規格は海外でも同じってホント?飛行機に持ち込めるの?

乾電池で動くものってたくさんありますが、
「乾電池で動く機器を海外で使いたい…」
なんてこともありますよね?

このように乾電池で動く機器を
海外で使いたい時気になるのが、

  1. 乾電池は海外では規格が日本と同じなのか違うのか?
  2. 乾電池を飛行機に持ち込んで海外に持っていくことはできるのか?

ということだと思います。

充電式のものであれば、
海外でも充電して使う事ができそうですが、
乾電池式の場合は電池切れになってしまったら
新しい乾電池に交換しなければなりません。

もし、乾電池の規格が日本と海外で
違っていたとしたら、
乾電池を海外で調達することができないので、
多めに予備の乾電池を持っていかないと
不安になってしまいそうですが、

そもそも、飛行機に乾電池を持ち込めるのか?
という疑問もあります。

というわけで、
今回はこのような疑問について
解決していきたいと思います^^

乾電池の規格は海外でも同じってホント?

 

乾電池は海外では日本と違う規格なのでしょうか?
それとも日本と同じ規格なのでしょうか?

この事について疑問に思っている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
乾電池の規格は世界中どこでも統一されているので、
世界中どこで乾電池を買ったとしても
同じように使うことができます。

なのでもし、乾電池が
海外で切れてしまったとしても、
海外で乾電池を新しく買って
調達することができるのです。

ただ、日本と海外では乾電池の
規格の呼び方が異なっているので、
この点だけ注意が必要です。

 

日本と海外の乾電池の規格の呼び方の違い

 

日本 アメリカ 中国 ヨーロッパ
単1 D 1号 Mono
単2 C 2号 Baby
単3 AA 5号 Mignon
単4 AAA 7号 Micro
単5 N N型 Lady

日本と海外で販売されている乾電池の
規格は同じではあるのですが、
呼び方が異なっているため、
別物と勘違いしてしまわないように注意が必要です。

 

乾電池は飛行機に持ち込める?

 

海外でも乾電池を調達できるのは分かったけれど、
やっぱり日本製の乾電池の方が安心できるから、
日本から予備を持っていきたい!
と思われる方もいらっしゃると思いますが、

そんな時、
「そういえば、乾電池って飛行機に持ち込めるの?」
と疑問に思われるのではないでしょうか?

せっかく空港まで乾電池を持っていったのに
手荷物検査で没収されてしまうなんて
ことになってしまったら残念ですからね。

でも、ご安心ください。
マンガン、アルカリの乾電池は
飛行機の機内に持ち込むこともできますし、
預け荷物として預けることもできます。

なので、マンガンとアルカリ乾電池を
海外に持っていこうとする場合は、
特に難しい事を考えなくてもOKです。

ただ、リチウムイオンバッテリーについては、
細かくルールが定められているので注意が必要です。

  1. リチウムイオン電池が使われている機器
    リチウムイオン電池を取り外せば持ち込み預け荷物ともOK
  2. スマホ・ノートパソコン
    持ち込み、預け荷物ともOK
  3. モバイルバッテリーなど
    1人2個まで持ち込みOK。預け入れは不可
    160Whを超えるものは持ち込み預け入れ不可
  4. リチウム金属電池
    持ち込みはできるが預け入れはできない
    また、リチウム含有量が2gを超えるものはNG

また、飛行機に充電器や予備電池を持ち込む場合は、
ショートしないよう保護されていることが前提になっているので、
電池やバッテリー類を持ち込もうとする際は、
前もって絶縁処理を行っておきましょう。

 

電池の絶縁方法のヒント

飛行機に繰り返し充電して使える
リチウムイオン電池を持ち込む場合は、
ショートを起こさないよう
絶縁処理をしておく必要があります。

 

  • 購入時の小売容器に収納する
  • ビニールテープを貼り端子を絶縁する
  • 別々のプラスチック袋に入れる

 

このいずれかの方法で絶縁しないと、
持ち込めなくなってしまう可能性があるので
リチウムイオン電池の絶縁処理はお忘れなく。

参考 特にお問い合わせの多い危険物の例JAPAN AIRLINES

 

まとめ

 

今回は、日本の乾電池と海外の乾電池は
規格が同じなのかどうかということや、
乾電池は飛行機に持ち込めるのかどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

乾電池は世界共通規格だったなんて
驚かれた方も多いかもしれませんが、
どこの国に行ったとしても
乾電池だけは同じものが手に入るので
海外で乾電池を買ったとしても
安心して使うことができますよ。

また、アルカリやマンガンのような
普通の乾電池であれば飛行機に乗る際
手荷物として持ち込むこともできますし、
スーツケースに入れて預けることもできるので、
予備を多めに持っていくようにしておくと、
電池切れしてもすぐ取り替えられそうです。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です